易哈佛 \ 2018年小语种

日本は、1950年代後半から経済の成長が(注1)いちじるしく、供給がどんどん増加し、国民一人あたりの...

2018年小语种考点真题库

[单项选择题]日本は、1950年代後半から経済の成長が(注1)いちじるしく、供給がどんどん増加し、国民一人あたりの(注2)所得(しょとく)も上がってきました。この時期を境にして、需要(じゅよう)と供給のバランスが(注3)逆転(ぎゃくてん)しました。現在の日本は完全に供給が過剰(かじょう)、需要が不足している時代です。 ものをつくる企業(きぎょう)は①こういうときにどうするでしょうか。なんとか買ってもらって、利益(りえき)を生(う)み出さねばなりません。他の企業に負けないで自分たちのつくった商品を買ってもらうためには、他とちがうこと、いわゆる②差別化をしなければいけません。 ( ③ )宣伝(せんでん)が必要になります。新聞の(注4)折(お)り込(こ)み広告、(注5)ダイレクトメールテレビといった(注6)メディアから毎日送られてくる(注7)コマーシャルを見ると④わかります。コマーシャルを熱心にする商品ほど消費者のとりあいがはげしい商品といってよいでしょう。 供給過剰状態(じょうたい)を(注8)解消(かいしょう)するには、需要を作り出せばよいわけです。ふつうの状態では消費者が100のものを消費するところを、いろいろな工夫によって120とか150とか、場合によっては、200も300も消費者が使うように(注9)仕向(しむ)けます。あるいは、10年間使えるものを、2年、3年で新しいものに買い替えたいと思うようにもってゆきます。 こうして消費者が買った商品がいずれごみになるわけですから、ものをつくること 売ること、そして買うこと 使うことはごみを出すことになります。⑤供給過剰を解消しようとする経済活動がそのままごみを増やす(注10)行為(こうい)になっているわけです。 しかし、それだけではありません。商品を買うと、いっしょについてくるものがあります。包み紙や入れものです。(注11)デザイン、形や色を工夫して、それ自体(じたい)で消費者の目をひくようにされています。商品の中身ではなく、外見(がいけん)でちがいを生み出そうとする生産者の努力が、ごみを増加させているのです。供給に対し、需要を増やそうとして実際それに成功しているのは( ⑥ )です。ごみを増やす(注12)主導権(しゅどうけん)をとっているのは( ⑦ )ではなく( ⑧ )といえるでしょう。                    (八太昭道『新版 ごみから地球を考える』による) (注1)いちじるしく:ここでは、非常に大きく(注2)所得(しょとく):収入(注3)逆転(ぎゃくてん):反対になること(注4)折(お)り込(こ)み広告:新聞などにはさまれている広告(注5)ダイレクトメール:郵便などで直接届く広告(注6)メディア:伝える手段、方法(注7)コマーシャル:テレビやラジオなどの放送を使って行う広告(注8)解消(かいしょう)する:なくす(注9)仕向(しむ)ける:そのようにさせる(注10)行為(こうい):行い、行動(注11)デザイン:ここでは、模様(もよう)や字の形、がらなど(注12)主導権(しゅどうけん)をとる:中心になってものごとを動かす ②「差別化」とあるが、どういうことか。               

关键词: 商品 所得 工夫
A.他の企業(きぎょう)に負けないようにすること
B.他の企業の商品を軽く見て悪口(わるくち)を言うこと
C.他の企業の商品との違いを出すこと
D.他の企業の商品を買わせないこと
本题来源:

请使用微信扫描二维码,获取题库。

微信

请使用微信扫描二维码,获取验证码。

微信